[ヨナ⑤]裁きたくない神様の心情、これと同じくこうだと万物を通して語られる神様

さて聖書の中心人物シリーズ:ヨナ篇、遂に最終回です。

ヨナによって悔い改めたニネベの町。神様はそれをご覧になってニネベの町を裁くことをおやめになりました。

しかし、ヨナには神様がどうしてそのようになさったのか分かりませんでした。

そして、事の始終を確かめようと町の東で町を見守るようにしました。

 

トウゴマの神の恵み

ニネベの町は半乾燥気候で季節によってはとても暑い地域で最高気温は50度近くまで上昇します。

そのような状況において神様はヨナにトウゴマによって日陰を与えてくださいます。

(トウゴマについてはこちら⇢[聖書の動植物①]トウゴマ

ヨナはこのトウゴマをとても喜びます。

 

枯れたトウゴマと怒るヨナ

しかし、トウゴマは虫にかまれて枯れてしまいます。

このためにヨナは激しく怒ります。

そのヨナにむかって神様はおっしゃいました。「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」と。

神様はヨナに語ります。

『あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとるに足りないとうごまをさえ惜しみ、とうごまが枯れたら、むしろあなたが死ぬほうがましだと言ったのか。ましてやこの大きな町、ニネベには12万あまりの人々が暮らしており、家畜も多いのに、私エホバがどうして惜しまないだろうか。それなのにあなたは、彼らが必ず滅ぼされることを見ようとするのか。彼らがみな滅ぼされて死んだら、私がどれほど胸を痛めるだろうか。許して生かすべきではないか。あなたが悔い改めなさいと叫び伝えたから、彼らがあなたの叫ぶ言葉を聞いて皆悔い改めた。だから滅ぼさない。ヨナ。分かるか。』

ヨナ書にはその後のことは書かれていません。

しかし、神様の言葉を聞いたヨナは神様の愛の心、裁きたくない心情を感じたに違いないでしょう。

エゼキエル書には人類を愛し、裁きたくない神様の心情が書かれています。

エゼキエル書33章11節

:11)あなたは彼らに言え、主なる神は言われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない。むしろ悪人が、その道を離れて生きるのを喜ぶ。あなたがたは心を翻せ、心を翻してその悪しき道を離れよ。イスラエルの家よ、あなたはどうして死んでよかろうか。

 

神様に逆らい、背を向けたヨナ。

神様を信じず、罪を犯したニネベの町の人々。

神様の心情が分からず誤解したヨナ。

私たちがどれだけ過ちを犯したとしても、どれだけ罪を犯したとしても、どれだけ道をはずれたとしても、裁くのではなく愛で忍耐して、私たちが悔い改めて神様の前に進み出ることを待っていてくださっている愛の神様。

ヨナ書からはそんな神様の愛が伝わってきます。

キリスト教福音宣教会-ブログ村応援

おすすめ記事