クリスチャンの語源とは?

キリスト教福音宣教会

クリスチャンの語源

キリスト教徒、キリスト教の信者のことをクリスチャンと言います。

このクリスチャンという単語が一番最初に使われだしたのはいつだか分かりますか?

 

使徒行伝11章26節

:26)彼を見つけたうえ、アンテオケに連れて帰った。ふたりは、まる一年、ともどもに教会で集まりをし、大ぜいの人々を教えた。このアンテオケで初めて、弟子たちがクリスチャンと呼ばれるようになった。

使徒行伝を見るとアンテオケで初めてクリスチャンという単語が使われたということが分かります。

聖書を読むと詳しいことは書かれていないので分からないですが、クリスチャンというのは当初は卑下する言葉、蔑む言葉、軽蔑の言葉でした。

 

なぜでしょうか。

自らをキリストと自称して、当時最も重い刑であった十字架によって亡くなったナザレのイエスを信じることはユダヤ教の人々にとっては狂気の沙汰でした。(今の時代でいうならカルト教団の信者のような扱いだったでしょう。)

またイエスの復活を信じていたことはギリシャ人にとっては愚かなことでした。

このような時代背景があって、ギリシャの都市アンテオケの非キリスト教徒たちによって、クリスチャンと呼ばれるようになったのでした。

これがクリスチャンの語源です。

 

しかし、真実は時が来れば明らかになります。

クリスチャンは今では軽蔑の言葉、蔑む言葉ではなくなりました。むしろクリスチャンは多数派(マジョリティ)となり、世界的に見れば日本人の無宗教の方が珍しい存在です。

 

何事も始まりは微弱です。

ですから組織が小さい(マイノリティ)からといって、また自分たちと違うからといって変なレッテルを貼るのは愚かだと言えるのではないでしょうか。

 

マタイによる福音書13章31〜32節

:31)また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、:32)それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。

からし種も最初は小さいですが、遂には成長して大きくなります。

これと同じくこうなのではないでしょうか。

何が正しいのか、何が真実なのか、それをしっかりと見極める判断力が必要だと感じざるを得ません。

 

アンテオケの場所

 

キリスト教福音宣教会-ブログ村応援

おすすめ記事