真実な愛の力!アン・サリバン先生を救った神様の愛と聖書の御言葉

アン・サリバン

ヘレン・ケラーの物語は多くの人が教科書などで知っていると思う。

視覚と聴覚の重複障害を持っていた彼女の人生は一人の先生との出会いで変わりました。

それがアン・サリバン先生との出会いでした。

(ここではヘレン・ケラーとアン・サリバンとのエピソードについては割愛したいと思います。)

ヘレン・ケラー
ヘレン・ケラー

さて、そのサリバン先生自身も実は盲目で障害を持っていたということを皆さんはご存知だったでしょうか。

幼いころトラコーマという病気を患った彼女は母の死と弟の死、そして自身の自身の盲目という苦痛と困難の中でうつ状態になってしまう。

リトル・アーニーと呼ばれた彼女は誰にも心を開こうとせず、だれもが彼女を諦めて、ついには当時いた施設(精神病院)の地下にある独房に入れられてしまいます。

 

みんなが彼女の救いを諦めた中でたった一人、彼女の救いを諦めなかった女性がいました。

彼女はクリスチャンでした。

彼女は昼休みになるとおやつを持って行って、アーニーに聖書の御言葉を話すようになりました。

しかしアーニーは全く反応せず、話を聞いているのか聞いていないのかも分からないような状態でした。

それでも彼女は決してアーニーのことを諦めませんでした。

神様の愛でアーニーに真実な愛を注ぎ続けました。

何日も、何週間も、何ヶ月も。。。

 

しかし、ある時変化が起こりました。

いつものように彼女が地下に降りて行くと、アーニーが前日に置いておいたおやつに手をつけていたのでした。

彼女は驚きと共に言葉にし得ない喜びを感じました。

そしてこのことを急いで病院の先生に報告しました。

「先生!アーニーが食事に手をつけたんですよ! 愛を与え続ければ、彼女は直
るんですよ!」

 

彼女は続けてアーニーに愛を与え続けました。

するとアーニーは彼女の読む聖書の御言葉に反応するようになったのです。

その後アーニーはみるみるうちに変化していき、元気に回復するようになったのです。

そして施設からも出られるようになりました。

まさに神様の愛が奇跡を起こしたとしか言えません。

しかし奇跡はここで終わらなかったのです。

アン・サリバン
アン・サリバン

なんとアーニーは施設にとどまり、自分が愛されたように自分も施設にいる人を愛して生きることを決心したのです。

この愛の連鎖がヘレン・ケラーの奇跡につながったのです。

 

神様の愛、真実な愛、その力の偉大さを感じずにはいられません。

私達も隣にいる隣人に愛を与え続ける生を生きようではありませんか。

その愛の連鎖がきっとこの世界を神の国に変化させる奇跡となると信じて。

 
キリスト教福音宣教会-ブログ村応援

おすすめ記事