聖書を読むことは神様と会談すること

電車広告

電車の広告にこういうのがありました。

電車広告
電車広告

『良書を読むということは、その著者である過去のすぐれたひとたちと会談するようなもの』

方法序説|デカルト

 

流石、偉大な哲学者は言うことに味があります。確かに著書というものは著者の思想を凝縮したようなものです。

すなわち歴史の過去の人物たちとも本を読むということによって会談することが可能だということです。

では、世界一の良書である”聖書”を読むということはどういうことでしょうか?

聖書はモーセをはじめ、40人ほどの人々によって書かれたとされています。

しかし、聖書に書かれてある通り聖書の真の著者は神様です。

テモテへの第二の手紙3章16〜17節

:16)聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。

:17)それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。

 

すなわち、聖書を読むことは神様と会談すること!

一国の大統領や首相と会談することを考えてみると、神様と会談するということがどれほど驚くべきことなのかと感嘆します。

天地を創造し、私たち人間を創造された神様と会談することができるのですからどれほどでしょうか。

 

「物事がうまくいく秘訣は早く始めること」ですから、早速聖書を読むことを始めてみてはいかがでしょうか?

 
キリスト教福音宣教会-ブログ村応援

おすすめ記事